現場ブログ

クリーンアイランドの
現場ブログ
BLOG

カーポートの解体工事①【淡路の解体工事ブログ】

カーポートの解体工事①【淡路の解体工事ブログ】

南あわじ市市市にお住まいの皆様こんにちは!

淡路の解体工事『クリーンアイランド洲本インター店』です!

淡路の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今回は、【カーポートの解体工事①】についてご紹介していきたいと思います。

contents【目次】

  • 【淡路 解体工事】カーポートとは
  • 【淡路 解体工事】老朽化した
  • 【淡路 解体工事】自然災害などでダメージを受けた
  • 【淡路 解体工事】車の大きさや台数に見合わなくなった
  • 【淡路 解体工事】車を手放した
  • 【淡路 解体工事】まとめ

カーポートとは

カーポートとは《屋根だけの車庫》のことをいいます。壁に覆われている《ガレージ》とは違い、屋根とそれを支える柱だけの構造でできています。

比較的、安価で設置が可能なうえにガレージほど場所をとらないというところがメリットでしょう。

構造が複雑でないといっても、解体工事をする場合は業者に依頼すべきなのでしょうか。それとも自力で解体工事をすることは可能なのでしょうか。

ここではカーポートの解体工事について考えていきましょう。まずはカーポートの解体工事を考えるのはどんな時なのでしょうか?

老朽化した

カーポートは一般的に設置してからの耐用年数が10年前後だというのが目安となっているようです。

カーポートは車を日光や風、雨、雪などから守ってくれますが、老朽化してしまえば逆に危険が大きくなってしまいます。

いつ壊れてカーポートが車の上に落ちてくるかわからないという状態は大変危険で大変不安なものでしょう。

そのため耐用年数を超えたカーポートを使い続けるのはやめましょう。

自然災害などでダメージを受けた

例えば大きな台風や大雪などの影響によってカーポートが破壊されたり変形してしまったりということもあり得るでしょう。

このような場合は耐用年数を待たずに早急に解体工事して撤去をする必要があります。そんな今すぐ倒壊しないだろうと、そのままの状態で放置すると大変に危険です。

車の大きさや台数に見合わなくなった

車1台用のカーポートを使っていて、駐車する車が2台、3台に増えきた。大きな車に買い替えたためカーポートのサイズと車体の大きさがあわなくなった。
このような場合も、使用しづらくなるうえに、カーポートの《車を守る》という本来の役割を果たせなくなってしまうでしょう。

この場合は今の状況に見あったものへ建て替えを検討することとなるでしょう。そうなると今までの古いものは解体工事して撤去することになります。

車を手放した

生活スタイルの変化や免許の返納など何らかの理由で車を手放すというケースもあるでしょう。そうなるとカーポートも必要がなくなることがほとんどです。

もちろんカーポートは、その屋根を利用して別の目的で使用することもできるため、そのまま残しておくという選択肢もあります。

どちらにせよ年月の経過による老朽化には気をつける必要があるでしょう。

まとめ

今回は、【カーポートの解体工事①】についてをご説明いたしました。

解体工事に関してご相談・お見積もりは、是非一度、クリーンアイランド洲本インター店にご相談ください。

淡路島地域密着の住宅解体・解体工事専門店のクリーンアイランドの会社案内はこちらから↓

淡路島地域密着の住宅解体・解体工事専門店のクリーンアイランドの施工事例はこちらから↓

淡路島地域密着の住宅解体・解体工事専門店のクリーンアイランド洲本インター店へのご相談・御見積依頼はこちらから↓

Writerこの記事を書いた人

谷池 一真 株式会社クリーンアイランドの代表取締役

淡路島生まれ。2007年7月の創業から解体工事を専門に長年にわたり蓄積した確かな知識と豊富な経験を活かし、解体工事のプロフェッショナルとして安心、安全かつ迅速でクオリティの高い解体工事を年間400件以上、行っております。内装解体工事やアスベスト調査も多くのご依頼を頂いております。

クリーンアイランドのスタッフ紹介

鶴田 つよし 工事部

解体工事 淡路

中平 武志 営業部

解体 淡路市 洲本市 南あわじ市

石黒 将司 営業部

淡路の解体工事の店舗スタッフ

福井 進吾 営業部

解体工事 淡路

青山 昂平 営業部