現場ブログ

クリーンアイランドの
現場ブログ
BLOG

マンション解体工事をする際の費用の相場と注意すべきポイントを紹介④【淡路の解体工事ブログ】

淡路での解体工事

マンション解体工事をする際の費用の相場と注意すべきポイントを紹介④【淡路の解体工事ブログ】

南あわじ市神代喜来にお住まいの皆様こんにちは!

淡路の解体工事『クリーンアイランド洲本インター店』です!

淡路島の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今回は、【マンション解体工事をする際の費用の相場と注意すべきポイントを紹介④】についてご紹介していきたいと思います。

contents【目次】

  • 【淡路 解体工事】アスベストの除去が必要な場合の解体工事の費用
  • 【淡路 解体工事】アスベストのレベル分けとは?
  • 【淡路 解体工事】アスベストレベル1
  • 【淡路 解体工事】アスベストレベル2
  • 【淡路 解体工事】アスベストレベル3
  • 【淡路 解体工事】アスベストが使用されていた場合の解体工事の方法
  • 【淡路 解体工事】まとめ

アスベストの除去が必要な場合の解体工事の費用

アスベストの除去が必要な場合は別途アスベスト除去の費用が必要のなるため、解体工事の費用が高額になります。
アスベストは過去に建材として多く使用されてきましたが、現在は使用禁止となっています。

しかし古いマンション等の場合は建材にアスベストを使用しているケースがあるため、アスベスト有無の調査を実施し、アスベストを使用していることが判明した際はアスベスト除去工事を行う必要があります。

アスベストのレベル分けとは?

アスベストは発塵の度合いによって次のようにレベル分けされています。
ここからはアスベストのレベルによる違いを紹介していきます。

アスベストレベル1

レベル1は発塵性が最も高く、解体工事をする際に大量のアスベストを含む粉塵が飛散します。

これはアスベストとセメントを混ぜた状態で吹き付けるアスベストを含有した吹き付け材に使用されていて、このアスベスト含有吹き付け材は主に立体駐車場やボイラー室、体育館などに使用されています。

アスベストレベル2

レベル1程ではありませんが、発塵性が高く、解体工事をする際に大量のアスベストを含む粉塵が飛散します。

ボイラーや壁の耐火被覆材、屋根の断熱材、空調ダクトの保温材などに使用されています。

アスベストレベル3

レベル1やレベル2と比較するとそこまでリスクは高くありませんが、発塵性がないというわけではありません。

アスベスト含有成形板やビニール床タイル等の材料に使用されていて、これらは屋根材や外壁材、壁、床、天井等に使われています。

アスベストが使用されていた場合の解体工事の方法

アスベストレベル1やレベル2の場合には、封じ込め工法か囲い込み工法を行います。

封じ込め工法は、アスベスト含有建材の表面に薬液を塗ることにより膜を作り、粉塵が飛散するのを防ぐという方法です。

囲い込み工法は、板状の材料を使用してアスベスト含有建材を囲い込み密閉して、粉塵が飛散するのを防ぐという方法です。

まとめ

今回は、【マンション解体工事をする際の費用の相場と注意すべきポイントを紹介④】についてをご説明いたしました。

解体工事に関してご相談・お見積もりは、是非一度、クリーンアイランド洲本インター店にご相談ください。

淡路島地域密着の住宅解体・解体工事専門店のクリーンアイランドの会社案内はこちらから↓

淡路島地域密着の住宅解体・解体工事専門店のクリーンアイランドの施工事例はこちらから↓

淡路島地域密着の住宅解体・解体工事専門店のクリーンアイランド洲本インター店へのご相談・御見積依頼はこちらから↓

Writerこの記事を書いた人

谷池 一真 株式会社クリーンアイランドの代表取締役

淡路島生まれ。2007年7月の創業から解体工事を専門に長年にわたり蓄積した確かな知識と豊富な経験を活かし、解体工事のプロフェッショナルとして安心、安全かつ迅速でクオリティの高い解体工事を年間400件以上、行っております。内装解体工事やアスベスト調査も多くのご依頼を頂いております。

クリーンアイランドのスタッフ紹介

鶴田 つよし 工事部

解体工事 淡路

中平 武士 営業部

解体 淡路市 洲本市 南あわじ市

石黒 将司 営業部

淡路の解体工事の店舗スタッフ

福井 進吾 営業部

解体工事 淡路

青山 昂平 営業部