現場ブログ

クリーンアイランドの
現場ブログ
BLOG

家屋の解体工事の費用を安くするために出来る8の方法【淡路の解体工事ブログ】

家屋の解体工事の費用を安くするために出来る8の方法【淡路の解体工事ブログ】

淡路市河内にお住まいの皆様こんにちは!

淡路の解体工事『クリーンアイランド洲本インター店』です!

淡路の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今回は、【家屋の解体工事の費用を安くするために出来る8の方法】についてご紹介していきたいと思います。

contents【目次】

【淡路 解体工事】家屋の解体工事の費用を安くするポイント
【淡路 解体工事】家屋の解体工事の前に家財の処分をしておく
【淡路 解体工事】解体工事の相見積もりを取る
【淡路 解体工事】家屋の解体工事の費用が出すのが難しい時の対処法
【淡路 解体工事】売却してから解体工事をする
【淡路 解体工事】住宅付き土地として売却をする
【淡路 解体工事】ローンを組んで売却をする
【淡路 解体工事】実家の処分をする際にやるべきこと
【淡路 解体工事】家の中の片付けをする
【淡路 解体工事】相続登記の手続き
【淡路 解体工事】実家を処分する前に注意すべき事
【淡路 解体工事】実家の処分をする際の家財道具の処分の方法
【淡路 解体工事】遺品整理業者に依頼をする
【淡路 解体工事】リサイクルショップで売却をする
【淡路 解体工事】不用品回収業者に依頼をする
【淡路 解体工事】粗大ごみの回収を利用する
【淡路 解体工事】フリマサイトやネットオークションなどを利用する
【淡路 解体工事】フリーマーケットなどに参加する
【淡路 解体工事】引っ越し引き取りサービスの利用をする
【淡路 解体工事】実家の処分をする前に必ず費用について確かめよう
【淡路 解体工事】まとめ

家屋の解体工事の費用を安くするポイント

実家のを解体工事して処分するには想定外の費用が必要になる場合もあります。そのために、自分でできることは前もってしておくと解体工事の費用を安くすることにつなげることができます。

ここでは実家の解体工事の費用を安くするためにできるおすすめのポイントを紹介いたします。

家屋の解体工事の前に家財の処分をしておく

解体工事が始まる前に空き家となった家屋の片付けをしておくことは、解体工事の費用を安くするためには大きなポイントとなります。

解体工事の際には粗大ごみやエアコンや冷蔵庫などの家電の処分なども必要になります。粗大ごみは、行政のサービスを利用して処分をすると処分の費用を抑えることが可能です。しかし、家電にはリサイクル費用が必要になるため、家電量販店などに引き取ってもらう必要があるでしょう。

自分で撤去することができるものは出来るだけ自分で処分をして、残置物を減らしておくことが解体工事の費用を安くするポイントとなります。

解体工事の相見積もりを取る

家電などは不用品回収業者や遺品整理業者などに引き取ってもらうこともできます。ただ、このふたつの業者は仕事が異なりますので、しっかりと理解して区別をしておきましょう。

不用品回収業者は遺品整理業者よりも費用が安い場合が多いですが、不用品を《ごみ》として片付けます。

遺品整理業者は、不用品を《遺品》として扱うので、丁寧な仕事が特徴です。そして、業者に依頼する場合は、相見積もりをとる等して比較して検討することをおすすめします。

家屋の解体工事の費用が出すのが難しい時の対処法

空き家となった家屋を処理する際は、予想しているより解体工事の費用がかかってしまう場合もあります。しかし、実家を解体工事せずにそのまま放置するとデメリットも大きいので、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

実家の解体工事の費用が出せない時の対処方法について紹介いたします。

売却してから解体工事をする

売却が決まってから解体工事をするという方法も考えられます。家屋を残したままの状態で販売してもらい、売買契約が終わった後、土地を引き渡すまでの間に解体工事をするという方法です。この場合ですと、途中で手付金として売買代金の一部が入ります。

この手付金を解体工事の費用に使うという流れになるため、解体工事に費用が出せない時の対処方法になります。土地の売却が終わると固定資産税の支払いの必要もなくなるので、維持のための費用の負担も減るでしょう。

住宅付き土地として売却をする

空き家となった家屋が築20年以内ならば需要が高い傾向があります。家屋付きの土地として売り出す方法は家屋の状態がいい場合におすすめの方法です。解体工事をする場合に対し、どのくらいの利益になるのかを比べてみましょう。

しかし、住宅付きの土地だと値引きされたり、更地を希望している買主への対象の物件にはならなかったりするため、売却しにくい場合もあるので気をつけましょう。

ローンを組んで売却をする

空き家の売却にはローンを活用するという方法もあります。売却することをを前提とした《空き家ローン》の他、《フリーローン》を利用することもできます。

返済には、銀行や消費者金融などの金融機関へ分割払いが基本となります。しかし、消費者金融は銀行よりも金利が高いということを覚えておきましょう。

また、金利がかからない無利息のサービスもあるので、利用することができるかどうか確認してみることをおすすめします。

実家の処分をする際にやるべきこと

空き家となった家屋の売却の際には大きな金額が動きますし、売却の方法によっては費用の差が大きく出る場合があります。かけることのできる手間や時間も限られているので、各々の優先順位をきちんと見極めて検討しましょう。

また、知らなければ損をしてしまう特例制度などもあるので、情報をしっかりと集めておく必要があります。ここからは実家の処分をする際にやるべきことについて紹介いたします。

家の中の片付けをする

家屋の解体工事の費用を安くするために、手間や時間をかけて不用品などを処分するということを選択する人も多いのではないでしょうか。家屋を売却する前に家中の片付けをしておくことにより、売却がスムーズにできます。

また、都合により自分で片付けを行うことができないような場合は、不用品回収業者や遺品整理業者などに費用を払って片付けてもらうというのも一つの方法でしょう。

相続登記の手続き

実家を売却して処分しようと思うなら、相続登記をする必要があります。これは実質的に所有権移転のための手続きで、不動産の名義変更の意味を持ちます。実家を売却して処分をする上では、相続登記が不動産売買の基本となります。

登記名義が相続人である場合に限って、相続した不動産の売却をすることができるようになるので、相続登記を必ずしてから売却の手続きを始めましょう。

実家を処分する前に注意すべき事

実家の処分をする前に注意すべき点を確認しておきましょう。不動産売買は基本的にタイミングが大切です。

その時々で地価の値段が上がったり下がったりしますが、値上がりするタイミングに合わせて売ることで費用を増やすことにつながるでしょう。逆に地価が下がっているタイミングで売ってしまえば損をしてしまうことになってしまいます。

社会情勢や地価の変動などを普段からよく観察しておき、売買に一番適したタイミングを見極めることが大切です。

実家の処分をする際の家財道具の処分の方法

実家の処分をする前に家財道具などを片付ける必要があります。親が長い年月を過ごしてきた実家には膨大な量の家財道具があるので、その処分の方法に悩む方も多いのではないでしょうか。

処分の方法にはいろいろな選択肢があるので、自分に合った処分方法を選びましょう。ここでは実家の家財道具の処分の方法を紹介いたします。空き家になった実家の家屋を片付ける時の参考にしてください。

遺品整理業者に依頼をする

遺品整理業者は、遺品整理士の資格を持った専門家が家財の買取をするケースが多いです。一括で任せることが可能で、買取り金額を片付けの費用から差し引いてもらえるということもあります。

業者の選び方のポイントとして、料金の設定がきちんとはっきりしているかどうか、体験談やクチコミなどを確かめてみるといいですね。また相見積もりを取り適正価格なのかどうかを調べることをおすすめします。

リサイクルショップで売却をする

様々なものを扱うリサイクルショップなどで売却をするという方法ですと、多くのものの処分をすることができます。

専門買取業者などで買い取ってもらえなかったようなものでも、買い取りができることが多いのが特徴でしょう。

そして、大型家具や家電なども買取りの対象になりますし、車で持ち込みすることができればより高額で買取りしてもらうことが可能となります。しかし、その半面、店舗運営の関係上、買取金額に融通がきかない部分があるでしょう。

不用品回収業者に依頼をする

さらに、売れそうにないようなものであれは、不用品回収業者などに依頼をすれば、自宅まで不用品を引き取りに来てくれるでしょう。

高齢の方や忙しい社会人の方などには便利でおすすめの方法なのですが、悪質業者もいるので気をつけましょう。費用の設定や見積もりの方法も業者により異なるため、比べてみて適正な業者を選ぶようにしましょう。

一般的に不用品回収業者は下記の資格や承認が必要となりますので、依頼をする際は確認してみることをおすすめします。

・一般廃棄物収集運搬業許可
・古物商許可(回収したものの買取りをする場合)

粗大ごみの回収を利用する

自治体の粗大ごみ回収などを利用して自分で片付けるという方法もあります。粗大ごみ回収シールを指定店などで購入し、回収の依頼の連絡を自治体に入れます。

回収日の予約をすると、指定日に回収をしてくれるので、購入したシールを貼りつけ粗大ごみとして出しましょう。ごみのサイズにより費用も違い、回収が可能な大きさが決められていて、自治体により異なるため、ホームページなどで確認しましょう。

フリマサイトやネットオークションなどを利用する

フリマサイトやネットオークションを利用して、不用品を自分で売るという方法も考えられます。リサイクル業者でも買い取りしてもらえなかったものなどが高く売れるといった場合もあります。

しかし、出品してから売れるまでに時間がかかってしまう場合や、取引上のトラブルなどのデメリットもあるために注意が必要です。

フリーマーケットなどに参加する

地域で開催されるフリーマーケットなどに参加するというのも不用品処分の方法のひとつでしょう。

不要に処分をするという感覚がなく、必要な人がその後も大切に使ってくれるということがわかるので、気持ち面でスッキリします。

最初は、手間や時間がかかるように感じてしまうこともありますが、慣れれば不用品処分の方法としては有効な方法でしょう。

引っ越し引き取りサービスの利用をする

大手の引っ越し業者は、不要な家財道具などを引き取ってくれるというサービスを提供しているケースがあります。

引き取りをしてもらえるのは、引っ越しにより発生する不要な家財などが対象になります。そのため、引っ越しの依頼をする時にのみ受付けられるケースが多いので確認してみましょう。

実家の処分をする前に必ず費用について確かめよう

利用することができる制度なども確認しておき、実家の処分がスムーズに行えるように準備しておきましょう。

売却で得られる利益と家屋の解体工事の費用や片付けなどの処分に必要な費用との収支を計算して、損にならないように気を付けて取り組むことが大切ですね。

まとめ

今回は、【家屋の解体工事の費用を安くするために出来る8の方法】についてをご説明いたしました。

解体に関してご相談・お見積もりは、是非一度、クリーンアイランド洲本インター店にご相談ください。

淡路島地域密着の住宅解体・解体工事専門店のクリーンアイランドの会社案内はこちらから↓

淡路島地域密着の住宅解体・解体工事専門店のクリーンアイランドの施工事例はこちらから↓

淡路島地域密着の住宅解体・解体工事専門店のクリーンアイランド洲本インター店へのご相談・御見積依頼はこちらから↓

Writerこの記事を書いた人

谷池 一真 株式会社クリーンアイランドの代表取締役

淡路島生まれ。2007年7月の創業から解体工事を専門に長年にわたり蓄積した確かな知識と豊富な経験を活かし、解体工事のプロフェッショナルとして安心、安全かつ迅速でクオリティの高い解体工事を年間400件以上、行っております。内装解体工事やアスベスト調査も多くのご依頼を頂いております。

クリーンアイランドのスタッフ紹介

鶴田 つよし 工事部

解体工事 淡路

中平 武志 営業部

解体 淡路市 洲本市 南あわじ市

石黒 将司 営業部

淡路の解体工事の店舗スタッフ

福井 進吾 営業部

解体工事 淡路

青山 昂平 営業部