現場ブログ

クリーンアイランドの
現場ブログ
BLOG

解体工事の現地見積と概算見積とは?【淡路の解体工事ブログ】

淡路の解体工事の店舗

解体工事の現地見積と概算見積とは?【淡路の解体工事ブログ】

淡路市郡家にお住まいの皆様こんにちは!

淡路の解体工事『クリーンアイランド洲本インター店』です!

淡路の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今回は、【解体工事の現地見積と概算見積とは?】についてご紹介していきたいと思います。

contents【目次】

【淡路 解体工事】解体工事の見積り
【淡路 解体工事】現地見積り
【淡路 解体工事】現地見積りのメリット
【淡路 解体工事】現地見積りのデメリット
【淡路 解体工事】解体工事の概算見積り
【淡路 解体工事】概算見積のメリット
【淡路 解体工事】概算見積のデメリット
【淡路 解体工事】まとめ

解体工事の見積り

家屋や建物など解体工事をしたい、と考えた時には、解体工事を依頼する解体業者選びから始めるでしょう。

解体工事を依頼する解体業者を選ぶ時にいくつか基準となる要素はありますが、まず最初に気になるのは当然《費用》ではないでしょうか。

そうすると、まずは見積りが必要になるでしょう。

解体工事においての見積りとは《解体工事の費用や工事期間などを前もってザっと計算する です。解体工事の予算を決める上でも、この見積りは費用の金額が比較的、高額になってしまう解体工事には欠かせないものといえるでしょう。

解体工事の見積り方法には、大きく分けて《現地見積》と《概算見積》の2つがあります。だいたいの解体業者では両方の方法の用意をしていますが、この2つには大きな違いがあるので、それぞれの方法のメリットとデメリットを知って、自分に合った見積り方法で依頼をしましょう。

現地見積り

解体工事を依頼する家屋や建物がある場所に解体業者が直接赴き、家屋や建物やその付帯物について現地の状況や周辺の地域などを調査、測量して見積りを行う事を《現地見積り》といいます。

現地見積りのメリット

依頼者と解体業者の双方で実際に現地の確認ができるので、正確で詳細な見積りを行えるという事が最大のメリットになります。建物の大きさから材質などの状態をしっかり測量して確認する事により、その場で両者の納得がいく詳細な調査ができます。また、近隣との境界などが曖昧な場合では、解体工事の範囲をはっきりさせておけるという面も大事でしょう。

現地での調査に沿って、依頼者の細かい要望や意見なども解体業者に直接伝えることができ、さらにそれに対する解体業者の対応も見る事ができるでしょう。親切で誠実な対応なのかそうでないのか。といった点なども、解体工事を安心して任せられる解体業者なのかどうかという判断をする時に、重要なポイントになるでしょう。
現地見積りの際、依頼者の立ち会いは必ず必要というわけではありませんが、この《解体業者の対応を見る》といった点を考えると、立ち会っておくに越した事はないでしょう。後での高額な請求や違反工事などといったトラブルなどの予防にもなるでしょう。

また、見積り結果を早々に出してもらう事もできるでしょう。

さらに、見積り前に「建物の内部は調査しないで、外観だけで見積りをしてほしい」「解体業者とわかるような服装などで来ないでほしい」などの細かい要望などにも対応してもらえるケースもあるので、事前に確認しておくとさらに安心でしょう。

現地見積りのデメリット

現地見積りのデメリットとしてあげるとすれば、まだ見積りの段階なのに解体業者に現地の場所を知られてしまう、という点でしょうか。

また、立ち会いが必要なケースですと、依頼主と解体業者の間でのスケジュールの調整などもしなければならないでしょう。

逆にいえば、デメリットといえばこれぐらいなので、不都合だと考えないのであれば、すぐにでも現地見積りを依頼しても良いでしょう。

解体工事の概算見積り

現地見積りとは反対に、現地に直接行く事なく見積りを行うことを《概算見》」といいます。

概算見積のメリット

概算見積りのメリットは、現地見積のデメリットの裏返しになります。
「依頼主の名前や現地の住所などを解体業者に知らせなくてよい」「近隣住民に気づかれずに見積りすることができる」などという点からプライバシーが守られるというところや、「立ち会いが必要ないために資料さえ用意して渡しててしまえばあとは待つだけで見積りができる」といったお手軽なところがメリットだといえるでしょう。

また、解体工事に必要な費用は決して安いものではないので、専門知識も必要です。そのために解体工事を依頼する際には不安が伴うものです。

そういった場合「解体工事についての予備知識などが全くなく、とりあえずまずは淡路の解体工事の費用の相場を聞きたい」「解体工事を考えてはいるけれど、解体工事の費用の金額によっては検討したい。だいたいどれくらい必要なものなのかを知りたい」「淡路で解体工事を予定しているが今すぐというわけではないので、大体の解体工事の費用でいいから聞きたい」といった場合に、不安を解消できる手助けになるという意味においては、手軽な概算見積りはメリットだといえるでしょう。

それでもやはり、解体工事を行なうには最終的に現地見積りが必要です。正確な金額を算出しない事には、解体工事に着手する事はできないからです。
そのため、概算見積りはあくまで《大体、おおよそ》の金額の算出にとどまり、本気で淡路で解体工事を考えている際は現地見積を依頼する必要があるでしょう。

概算見積のデメリット

依頼者から提供する、解体工事をする予定の対象の図面や写真などの情報だけを頼りに見積りを行うので、正確さに欠けてしまうという点が最大のデメリットです。

また、依頼者としても資料の用意をするのに手間や時間もかかってしまうでしょう。

建物の平面図や配置図などの図面、建物の形状や素材を知るための写真、建物だけでなく物置や塀、庭木など付随物の写真、重機やトラックの通行のための周辺状況の資料、地中埋設物や建物内の家財の有無など、解体業者に提出する資料や情報は意外と多数あります。それらをひとつひとつ用意する時間と手間を覚悟する必要があります。

そして実物を確認することができないので、正確さに欠けるというだけではなく、資料だけでは不明な部分は算出が不可能となって見積り金額として出せません。 そのために、概算見積りで算出された金額は、正式な金額と大幅に差が出てしまう事が多くなるために、本契約の前には必ず現地見積りが必要となる場合がほとんどでしょう。ということは単純に二度手間になってしまうということです。

まとめ

今回は、【解体工事の現地見積と概算見積とは?】についてをご説明いたしました。

解体に関してご相談・お見積もりは、是非一度、クリーンアイランド洲本インター店にご相談ください。

淡路島地域密着の住宅解体・解体工事専門店のクリーンアイランドの会社案内はこちらから↓

淡路島地域密着の住宅解体・解体工事専門店のクリーンアイランドの施工事例はこちらから↓

淡路島地域密着の住宅解体・解体工事専門店のクリーンアイランド洲本インター店へのご相談・御見積依頼はこちらから↓

Writerこの記事を書いた人

谷池 一真 株式会社クリーンアイランドの代表取締役

淡路島生まれ。2007年7月の創業から解体工事を専門に長年にわたり蓄積した確かな知識と豊富な経験を活かし、解体工事のプロフェッショナルとして安心、安全かつ迅速でクオリティの高い解体工事を年間400件以上、行っております。内装解体工事やアスベスト調査も多くのご依頼を頂いております。

クリーンアイランドのスタッフ紹介

鶴田 つよし 工事部

解体工事 淡路

中平 武志 営業部

解体 淡路市 洲本市 南あわじ市

石黒 将司 営業部

淡路の解体工事の店舗スタッフ

福井 進吾 営業部

解体工事 淡路

青山 昂平 営業部